HOME > 屋根に不安を感じたら瓦屋根診断技士に相談

永く住みたい大切な我が家
すまいを永くいきいきと保つために!

◆瓦屋根診断技士は、お宅の専門医です

人の病気の中で最も怖いのが心臓病と脳疾患です。
人は病気になると必ず医者に診てもらったり、精密検査をします。それと同じように住宅にとって最も大切なところが屋根なのです。
屋根の病気を早期に発見して、大切な住まいを長持ちさせたいものです。瓦屋根診断技士はそんな住まいの強い味方、まさに屋根の専門医なのです。

◆屋根診断技士とは

yane5.png
国家資格である建設大臣認定の「瓦屋根診断技士」と、技能検定に合格した
厚生労働省認定の「かわらぶき技能士」両方の資格を保有しております。
技能に優れ、知識や経験が豊富な屋根診断のプロフェッショナルです。





◆屋根が決める、住まいの寿命

快適な生活を営むために、屋根は雨露をしのぎ、夏冬の寒暑をやわらげる役割をもつと同時に、
建物の耐久性を左右する大切なポイントです。
住まいの中でも最も過酷な条件にさらされているのが屋根です。お住まいを長持ちさせるためには、
屋根が一番大事です。定期的にプロによる点検とメンテナンスをおすすめします。

屋根に不安を感し?たら.png

お宅の屋根は大丈夫ですか?

自分でできる屋根の健康診断

HandLens.png目視点検

 普段はみえない所だけに、なかなか発見できない痛みやずれなどをチェックしましょう。
 まず屋根やトイを中心に家を一周目視してみましょう。

No_01.png雨トイに亀裂やゆがみがでていないか?Doticon_red_Check.png
    雨漏りで柱や壁板を痛めてしまいます。

No_02.png 土が溜まっていないか?(草や藻が生えていないか)Doticon_red_Check.png
     ※雨トイに土が溜まっているのは屋根に異常があるからです。

No_03.png 室内に、雨漏り箇所はないだろうか?Doticon_red_Check.png
     天井にシミがあったり、壁が湿っていたり、どこかで雨のしずくの音が聞こえませんか?

No_04.png 築後20年以上たっていないか?Doticon_red_Check.png
     長い年月、屋根の痛みをチェックしていない場合は、一度瓦屋根診断技士にみてもらいましょう。

Attention.png瓦屋根のチェックポイント


安心な家に住む為に、定期的に屋根に関心を持つことが大切です。
近年、ゲリラ豪雨や竜巻など異常気象が続いています。
屋根の異常に早く気づくことが、家を守っていくことに繋がります。

災害が起きてから慌てないように、普段の気配りが大事ですね。

屋根に不安を感じたら迷わず瓦屋根診断技士に相談しましょう。
国家資格を持つ屋根のプロに診断してもらうだけでも、安心していただけるのではないでしょうか。


電話での相談や診断のみでも大丈夫です。安心してご相談下さい。

福井県瓦屋根診断技士会
フリーダイヤル 0120-969-508